5月 19, 2020

コロナ自粛ストレスを乗り切る!大切な家族を守るオキシトシン

by danseikaturyoku in オキシトシン, 家族

新型コロナウイルスの影響をうけて、3月から外出制限、4月には緊急事態宣言が出ていましたね。

いつもなら遊びに出かけるゴールデンウイークも、「命を守るstayhome週間」でした。

そして、それが終わっても、緊急事態宣言は延長され、引き続き警戒が必要です。

リフレッシュの行動も制限され、我慢も限界!とストレスを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

緊張感と見えない恐怖に、誰しも不安とストレスを知らず知らずためています。

そんな中、どのように過ごすと良いのか、今回は特に家庭を支えるお父さんに向けて、リンパ療法師 村井美紀がお伝えします。

外出制限・長引くコロナ自粛で心配されるストレス

在宅でテレワークとなっているお父さんへ。

子どもたちや妻も在宅のため、家に居場所がない、仕事がはかどらない、とお嘆きの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

子どもたちは、お父さんが家にいれば、お休みだと思って嬉しくなるでしょう。

そして、子どもたちの世話に家事に追われる妻は、あなたを頼りにするでしょう。

そこから、少しずつのすれ違いが原因でイライラが募ってしまうこともありますね。

どうしたら、イライラせず、大切な家族も自分自身も守りながら、仕事も家庭もうまくいく、という状態に持っていけるのか?

自分自身が疲弊してしまわないための、コツをお伝えしたいと思います。

この時、普段とは違うストレス3大要素が、知らず知らず心身に負担をかけています。

  • 社会的な繋がりの遮断
  • はかどらないリモートワーク
  • 見えない敵や将来への不安

いつもだったら、多くの時間を会社で過ごし、バリバリ働いていることでしょう。

それが急にリモートワークになってしまうと、「慣れない仕事」と「運動不足」、そして、「仕事帰りの一杯」や「同僚と語らう」、といったストレス発散の場もなくなってしまう。

人のよっては、仕事がストップしてしまっていてその不安とイライラは計り知れないかもしれません。

コロナ自粛ストレスに負けない!大切な家族を守るオキシトシンとは?

しかし、同じ現象でも人によって受け取り方は全然違います。

ストレスと思うか、これをばねに、より一層家族の絆を深め、仕事でも今出来ることを前向きにやれるかの秘密はここにあります。

脳内伝達物質の力で、ストレスを吹き飛ばしましょう。

  • 運動不足
  • 睡眠バランスの乱れ

これらを解消して、幸せを感じさせてくれる「幸せホルモン」オキシトシン。

オキシトシンは、脳内伝達物質のひとつですが、自分で意識して出すことが可能です。

オキシトシンの分泌を促し、自分も家族も癒されることが出来ます。

イライラは解消し、情緒が安定します。

集中力や判断力、記憶力も高まり、仕事のパフォーマンスも向上するという研究結果もでています。

オキシトシンはいいことづくめなのです。

オキシトシンの分泌を促す方法

オキシトシンパートナーふれあい

では、実際にどのようにすれば、オキシトシンの分泌を促すことが出来るのでしょうか。

  1. 触れ合う
  2. マッサージする
  3. ハグする

などの簡単なスキンシップによってもオキシトシンは分泌されます。

例えば、子どもをギューッとハグしてみたり、夫婦でお互いにマッサージをしてみたり。

友人とのおしゃべりや、好きな事をするなど、ストレス発散をすることでも、オキシトシンが分泌されるのですが、外出がままならなず行動を我慢している今、気付いたらオキシトシンの分泌の機会が大幅に減ってしまっているのです!

これでは知らず知らずのうちに絶望感、意欲減退、免疫力低下、などなど、弊害を生みますよね。

気付かないうちに鬱状態になってしまう危険性もはらんでいます。

家族とのスキンシップで、上手に乗り越えてください。

これらは、お互いのケアとなり、同じようにイライラや不安が募っているかもしれない家族にも有効です。

家族と離れて暮らしていてもできるオキシトシンのコロナストレスケア

オキシトシンは、スキンシップが非常に重要ですが、実は、お互いを思いやるだけでも、効果があります。

例えば、「ありがとう。」「元気?」というような言葉をまずは心がけて使ってみる。

そんな事からもオキシトシンの分泌に繋がります。

身近な存在ほど当たり前すぎて感謝を忘れがちだし、わかっていても照れくさくて言えない事が多いかもしれませんが、「ありがとう。」を見つけて相手に伝えましょう。

オンライン帰省
オンライン帰省でおばあちゃんと会話

また、離れていても、「どうしてるかな?元気でやってるかな?」と思いやり、触れ合うことが出来なくても顔や声を聞く、コミュニケーションをとる、といったことでもオキシトシンは分泌されます。

つまり、離れて暮らす両親のところに行けなくても、また単身赴任等でめったに家族に逢えなくても、オンラインや電話でも充分な効果があるのです。

今年は、オンライン帰省なんて言葉も生まれました。

どうしても触れ合えないから、マッサージや肩たたきをしてあげられないもどかしさはありますが・・・それでも、連絡してみてください。

マメな電話連絡や、オンラインで孫の顔が見られることは、ご両親にとってもこの上ない喜びでしょう。

また、喜ぶ親の顔を見れば、こそばゆいながらも温かい気分になれるはずです。

それが、オキシトシンが出ている状態です。

このように、スキンシップをとったり相手を思いやったりすることで、相手にも、自分にも、互いにオキシトシンが出まくるという相乗効果が期待できます。

お互いがお互いを思いやることで、双方癒され多幸感に包まれるなんて、素敵なことだと思いませんか?

コロナ自粛ストレスを乗り切る!大切な家族を守るオキシトシン|まとめ

いかがでしたでしょうか?

オキシトシンの分泌を促すことで、仕事のパフォーマンス向上にも、家族との良好な関係にも、有効だということがおわかりいただけたでしょうか?

このままふさぎ込んでいては、鬱状態など深刻な現状に陥ってしまいそうですが、それらを自分でコントロールし、良い状態でいることは可能なのです!

コロナ禍の今、村井がお役に立てることを無料展開いたしております。

オキシトシンの分泌を促す、ご家庭で行えるセルフリンパケアを、現在オンラインにてお伝えしていますので、この機会に是非ご利用ください。

―――――――――――――――――――――――

【リンパ療法師が教える家族リンパケア】

日常と違う在宅時間でこんな変化ありませんか・・

  • パートナーにイライラ
  • 仕事が集中できない
  • 睡眠バランスが崩れた
  • なんだか疲れやすい

そこで!まずはオンライン講座で!

『医療に沿ったリンパケアにオキシトシン分泌を促すホームケア♡とは…』

zoomにて無料でお伝えしています!

自分にもオキシトシンがでることで更に

  • 太りにくい
  • 集中力判断力が増す
  • 睡眠が深くなる

などなどラッキーなことがたくさんあります。

【場所】お好きな所でOK

【お申込み】

ライン登録↓↓JAPN MLD サロン男性専用入口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です