5月 27, 2020

コロナうつに注意!ストレスケアと癒しのオキシトシン効果

長引く自粛生活で、ストレスを抱えている方は多いと思います。

緊急事態宣言も解除され、通常に戻りつつある世の中ですが、まだまだ第2派を防ぐ行動をしていかなければならず、withコロナを意識した日々が続いていますね。

通常通りの出勤をしているお父さん、在宅ワークが定着しているお父さん、様々なご事情があるかと思いますが、まだまだ平穏な日常を取り戻すにはいたりません。

そんな状況の中、ストレスをためずに健康に過ごすためには、仕事のパフォーマンスを上げていくにはどうしたらいいのか?

ストレスケアと癒しのオキシトシン効果について、リンパ療法師 村井美紀が解説いたします。

コロナストレスが危険!withコロナの時代を生き抜く

コロナ自粛生活の主なストレスをまとめると

  • ピリピリした世間の風潮での張り詰めた緊張感
  • 病気への恐怖
  • 仕事や未来への不安
  • 思うように行動できないイライラ

などですね。

仕事を取り巻く環境を大幅に急に変えざるを得ない状況、不安、経営者ならば経営の事などなど、多くの重圧をかかえ、そのストレスは計り知れません。

仕事仲間との懇親や気晴らしの飲み会が出来なかったり、家族で遠出できなかったりと、行動の制限をされると、ストレスもさらにたまりますよね。

在宅ワーク疲れもあるでしょう。

家で仕事する場所がない、とか、子どもの相手をしながらだと仕事が進まない、とか。

それぞれの事情があると思います。

パートナーについイライラしたりされたりしてしまいがちな頃。

それは、奥様もお子さんも同じです。

ストレスやうつ症状に負けない!アフターコロナを元気で過ごすために

コロナがきっかけで、ストレスがたまってしまいつらい人もいれば、時間に余裕が生まれ家族との時間が増えることにより、家事育児を助け合い生活を楽しんでいる方もいらっしゃいます。

そのような差はちょっとした心がけの違いです。

気持ちよく仕事が出来るために家族との関係は一番の基盤となります。

アフターコロナ、withコロナを元気に乗り越えるために、仕事のパフォーマンス向上のために、そして大切なパートナーのために、お互いを思い合ったり、触れ合ったりすることが有効です。

それらは、癒しのホルモン『オキシトシン』の分泌を促してくれます。

アフターコロナを乗り切る夫婦円満の秘訣、オキシトシン

オキシトシンとは?

オキシトシンについて、わかりやすい文献をご紹介いたします。


オキシトシンは、精神的な安らぎを与えるといわれる神経伝達物質のセロトニン作動性ニューロンの働きを促進することでストレス反応を抑え、人と交わったりする社会的行動への不安を減少させると考えられます。
これまでの研究でも、オキシトシンを人に投与すると、他人に対する信頼感を増加させるという報告がありますし、社会行動に障害がある自閉症スペクトラムの患者さんにオキシトシンを投与したところ、前頭前野の活動が増加して症状の改善が見られたという報告も話題を呼びました。
さらに、オキシトシンは、前頭前野、海馬、扁桃体などに働きかけるホルモンとして、例えば、うつ病に関わりの深い海馬の神経細胞の新生を促進させることによって、うつ病を改善する可能性があることも明らかになりつつあります。


公益財団法人テルモ生命科学振興財団 生命科学DOKIDOKI研究室
抗ストレス作用や社会行動に関与する『オキシトシン』

https://www.terumozaidan.or.jp/labo/class/s2_11/interview02.html

オキシトシンは、癒され心穏やかになり、多幸感を生む、『幸せホルモン』とも呼ばれている脳内伝達物質です。

このオキシトシンが不足している状態は、イライラや不安といった緊張状態で、鬱の引き金にもなりえます。

ゆえに、オキシトシンの分泌を促すことが有効なのです。

オキシトシンの分泌を促す夫婦ケア

コロナうつ夫婦スキンシップ

オキシトシンの分泌の促進には、例えばこんなことが良い、というのは、前回の記事でもお伝えいたしました。

今回は、パートナーシップにフォーカスしてみましょう。

やはり一番大事なことは

  • コミュニケーション
  • スキンシップ

この2点につきます。

スキンシップ

簡単なマッサージや手をつなぐといったちょっとしたことでも良いです。

お互いマッサージや肩もみしあうなんて言うのも、会話もできて一石二鳥ですね。

コミュニケーション

必要最低限しか会話をせずこもっているとか、スマフォやゲームをいじっている、という状態は避けましょう。

会話をしましょう。

また、ご家庭によって、お父さんの仕事によっては、家族で接触を避けねばならないケースも存在しますね。

お父さんがリスクを背負って通勤している場合等、そのような家庭もあります。

それでも、LINEや電話、オンライン等でのコミュニケーションを意識し、離れていてもお互いを思うだけでも意識してみてください。

お互いを思い合うだけでも、オキシトシンの分泌を促進することが出来ます。

例えば、家では家事育児を助け合い、「ありがとう」と言ったり言われたり。

言いなれていないと照れくさくもありますが、「ありがとう」は、言っても言われても、なんとも温かいようなむず痒いような感じがしますね。

それは、オキシトシンが分泌されている証拠です。

意識してみると意外と普段気づけなかった「ありがとう。」がたくさん見つかります。

普段あなたが心おきなく会社に行けて、朝早くから夜遅くまで働くことが出来たのは、奥さんが家事育児を一生懸命やってくれていたからかもしれません。

昼間、子どもと何してるんだろう?

その大変さを、リモートワークのおかげで知ることが出来、感謝の気持ちが生まれて協力するようになったというお父さんの話も耳にします。

こういった思いやりこそ、オキシトシンの分泌に効果があります。

つまり、パートナーを思いやりパートナーを癒すことで、自分も心身ともに健康を手に入れ、仕事のパフォーマンスも向上する、ということです。

それだけではありません。

お互いの関係も深めることができます。

コロナうつパートナーシップ会話

コロナうつに注意!ストレスケアと癒しのオキシトシン効果|まとめ

  • 思いやり
  • 感謝
  • 会話
  • スキンシップ

これらを意識して行動してみたら、自分もパートナーもオキシトシンの分泌を促進し、癒し効果と多幸感を感じることができる素晴らしい『幸せホルモン』

自分で分泌させることが出来るのですから、さっそくやってみてくださいね!

また、オキシトシンの分泌を促進する、ご家庭で行えるセルフリンパケアを、現在オンラインにてお伝えしていますので、この機会に是非ご利用ください。

―――――――――――――――――――――――

【リンパ療法師が教える家族リンパケア】

日常と違う在宅時間でこんな変化ありませんか・・

  • パートナーにイライラ
  • 仕事が集中できない
  • 睡眠バランスが崩れた
  • なんだか疲れやすい

そこで!まずはオンライン講座で!

『医療に沿ったリンパケアにオキシトシン分泌を促すホームケア♡とは…』

zoomにて無料でお伝えしています!

自分にもオキシトシンがでることで更に

  • 太りにくい
  • 集中力判断力が増す
  • 睡眠が深くなる

などなどラッキーなことがたくさんあります。

【場所】お好きな所でOK

【お申込み】

ライン登録↓↓JAPN MLD サロン男性専用入口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です